和紙➕のフレームアート frame art

そろそろウールのクロスマットの納品が始まるので、
せっせと編んでます。

まだ残暑は続いてますが、
少し秋の気配も感じられる今日この頃。
秋冬の準備で慌しくなってきました。

編みながら、新作も考えたり、
10月のイベントの準備をしたり。

ずっと温めていたものも
やっと形になりつつあります。
和紙のクロスマットを標本のように飾る
フレームアート。

奥行きの深いフレームが作る影によって、
1つ1つ違う表情になるのが面白いのです。
それぞれの部屋、光の入り方によって
Only one のものが完成します。








海外のクラフトフェア in サンフランシスコ

7月13日、14日とサンフランシスコで開催された
クラフトフェアに参加し、
あっという間に2週間が過ぎました。

初めてのことも多くどきどきでしたが、
一緒に出展していた costa.japan さん、まわりの出展者に助けられ、
そして、サンフランシスコの陽気な来場者たちのおかげで
とっても楽しむことができました。

300近い出展者、ものすごい数の来場者の熱量は
いい意味で刺激になり、
パワーをもらって帰ってきました。

日本からのお客様がいらっしゃったり(びっくり!)、
近くのブースのクリエーター達と繋がったり、
SNSを通じて広がる世界も
今後ますます面白くなりそうで
わくわくしています。

今回、ほとんど観光はできなかったのですが、
それ以上に充実した日々だったので
ほんとに良い旅になりました。







Instagram




イコッカ16周年イベント

今年もイコッカのアニバーサリー・イベントに参加します!

16年、お店を長く続けてこられて、
ほんとに凄いな~と感心します。

そして、毎回テーマを考えるのも大変だと思うのですが、
今回もちゃんとあります!

16の語呂合わせで「いろ」色。
サブテーマで1と6でサイコロ。

私はサブテーマの方で参加します。

開催日が同じアメリカのクラフトフェアで発売する
トラベルサシェ(→★)のサイコロ・バージョンです。
紐の留めにレザーの◯1つ、底に・6つ🎲で、
サイコロ風のミニミニ巾着。

素材は驚くほど軽い和紙を使用しています。
竹・笹の繊維が漉き込まれた糸は
肌にも優しいナチュラルファイバー。
洗える素材なのでシーツやタオル、スリッパなどにも使われています。

紐はあえて長めになっていますので、
お好みの位置で紐を結んで調整して下さいね。

トラベル・サシェというネーミングですが、
中にお好きなものを入れて、それぞれの使い方で楽しんで下さい。

店頭にはシンプルバージョンと2種類並びます。



ミニ財布が入るサイズも作りました。(iphone7,8は頭が少しはみ出ますが、なんとか入ります)
こちらも特殊な加工が施された洗える和紙です。

大きい方はブラックのみで、カードサイズもあります。




日本が誇る和紙技術によって開発された素材で制作したものを
いつか海外に紹介したいと思っていました。

そのタイミングがアメリカのイベントと
イコッカさんの16周年と重なったことが感慨深く、
思い出の一品になりました。


とにもかくにも出発する前に
なんとかイコッカの16周年の納品が間に合って
良かった~

参加される作家の皆さんもどちらのテーマで作られるのか楽しみですね。
イコッカのブログでチェックしてみて下さい→★


Instagram




travel sachet(トラベル・サシェ)

久しぶりに指がつりそうになる小さなものを編んでます。
竹や和紙を使って開発された素材で
最初は普通にサシェを作るつもりが、
驚くほど軽量な素材だったので、
身に付けるサシェとしても使える2way仕様に変更。
ポプリやperfumeなどお気に入りの香りを中に詰めて
旅先のクローゼットへ。


黒の大きい方(といってもカードサイズ)は
ネックウォレットとしても使えます。
身軽にお札とカード入れてお散歩へ。
スマホサイズも準備中。
(それぞれの紐と留め部分はちょっと変更になります)



新たに出会った素材で、他にもいろんなものを作ってみたいと思っています。

和紙と竹・笹を融合させた素材は天然由来の抗菌力を備え、その繊維は綿と同じくらい洗濯性に優れ、洗っても抗菌力は落ちないそうです。なんとも理にかなった良い天然素材です。

Instagram

一粒万倍もち

少し前のおいしい記録。

久しぶりに以前お世話になったエディターさんやスタイリストさん達と
プチ同窓会のような楽しい時間を過ごした場所。

ボガマリ クチーナ マリーナ
千駄ヶ谷4-7-5ガーデンビュー北参道1F





市場のように並んだ新鮮な魚の中から選んで
料理して貰うスタイルでした。

新鮮だからカルパッチョも
イトヨリのアクアパッツァも絶品◎



そして、お土産に頂いた一粒万倍もち。

こんなのがあるなんて知らなかった。。。
良い手土産だな…と感心。
さすがエディターのOさん!

こんな気遣いのできる人になりたいものです。



traveling studio(=旅するアトリエ)というタイトルは、
トートバッグに道具を入れて、お気に入りのcafeや図書館、そして旅先と、何処でもちくちくもの作りをするスタイルから・・・

air.png
Copyright © 2009-2019 traveling studio All Rights Reserved.



●お問い合わせは【ホームページ】よりお願いいたします↓↓↓https://www.traveling-studio.com/

●インスタグラム → Instagram

search box

calendar

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

QR code

QRコード